パラマハンサ・ヴィシュワナンダ聖者@東京

11/27/2018

先月末、ドイツ在住のパラマハンサ・ヴィシュワナンダ聖者に

お会いするイベントに参加してきました。

 

 

ダルシャン&サットサング2018@東京

 

私の瞑想の師 青山圭秀先生もトークイベントに出られるけど、

どんな聖者なのか情報があまりなかったので

まずは私がいって感じてみようという気持ちで行ってみたのです。

 

実際に行ってみたところ、

サティア・サイババに会った時以来の衝撃に感動💖

 

彼は、パラマハンサ・ヨガナンダ著「あるヨギの自叙伝」

でお馴染みのマハヴァター・ババジが直接の師だそうで

(ババジはヒマラヤ山中に生き続ける約5000歳のヨギーニ)

何度もお会いしているそう

 

パラマハンサ・ヨガナンダ師と同じく、

西洋にヴェーダやバクティ・ヨーガを広めるために

わざわざ生まれてこられたのでしょうか。

 

イベント初日はパラマハンサ・ヴィシュワナンダ聖者と

アーユルヴェーダを研究して瞑想を教えている青山圭秀先生、

曹洞宗の禅を普及する活動をされている藤田一照氏

3人のトークに始まりました。

 

トークの内容は

師、ダルマ(法・使命)、愛、神性、霊性などについてで、

ヴェーダやバガヴァッド・ギーター、バーガヴァタから

引用してお話をされるので馴染みがあってとても面白かったです。

 

トークイベントの動画が配信されているのを発見

2時間47分全てを聴くことができるようです

絵のような写真のようなのが、マハヴァター・ババジです。

ご興味がある方はこちらをご覧になられて下さいませ!

 

 

わぉ!サットサングの動画も公開されていました

全部オープンで良いですね!
 

 

2日目は会場にいる人々で4つの円陣を組んで

AUMを唱えるオーム瞑想からスタート。

鐘の音が重なっていくつにも広がって倍音になり

深く遠い音色が会場に響き渡ります。

 

その後に行われたダルシャンでは

聖者さんが1人1人の頭に手を乗せてじっと目をみつめられます。

約8時間もかけて、トイレにも行かず、

750人程いた人の1人1人全員に対峙してエネルギーを送ります。

 

途中で泣き出す方も大勢いて

私は見つめられた瞬間

彼の瞳の奥にラーマ(ヴィシュヌ)を感じ、

クリシュナのように美しいこの聖者さんがすっかり好きになったので

そのうちドイツにも行ってみようと思います。

 

先月から今月にかけてはクリシュナ(ヴィシュヌ)が喜ぶことをすると

何倍にもなるほど良いそうなので

クリシュナが愛したラーダのキルタンを口ずさんでいます🎵

動画の中でヴィシュワナンダ聖者が唄っていましたね

 

右側の美しい女性がラーダ、左がクリシュナ。

私はこの2人のブランコの絵が大好きでずっと飾っています。

 

 

ラーダを讃えるとクリシュナが愛した彼女の素質が入ってきますよ

タグ:RAMA ラーマ ホームページ HP 福岡 薬院 大通 アーユルヴェーダ エステ スクール

Please reload

Featured Posts

7月のスケジュール☆

7/1/2020

1/10
Please reload

Recent Posts