頑張らなくていい。

4/2/2018

桜は満開、ヒラヒラと散りゆく様が美しくうっとり見入ります。

 

寒かった冬を越え、いよいよ花咲く春がやってきました♡

 

 
以前、甲状腺癌の方お1人、乳癌の方々2人の

個人カウンセリングをする機会が続きました。

 

 

ご本人と一緒に、病気の原因になっていそうな

 

心の奥のシコリを探していくと、3人に共通点がありました。


涙ながらに気付かれたことは「私は頑張っていた」でした。

小さな頃から頑張り続けて、さらに頑張って、もっと頑張って。

 

心も体も疲れ果てているのに、まだ頑張ろうとしているのです。

 

 

頑張るという字を見ると、頑(かたくな)さを張ると書きます。

頑なさとは、自分の思い込みや主張を変えない頑固さ。

頑が過ぎると「エゴ」が成長し、「エゴ」は自分を苦しめます。

 

 

日本ではやっと歩き始めるような幼い頃から、

「頑張って!」「頑張れ~!」と言われる事が多く、

基本的に「頑張っている」方が多いようです。

 


心と体は密接に繋がっていますから、

心が「頑張ろう!」と意図すると、

 

体も、筋肉が収縮したりして緊張してきます。

呼吸が浅く早くなり、自律神経の調和が乱れていきます。

すると、自律神経にコントロールされている

内分泌系もバランスを失い、治癒力がうまく働けなくなります。

 

自律神経が乱れると不眠も起こるため

 

ますます乱れる一方で追い詰められていきます。


筋肉が緊張している部分には、

スムーズに氣や血液、リンパなどが流れないので、

そこに「緊張の塊」のようなものができてきます。

 


「頑張らない」のは、

 

努力家な日本人にとってステキな響きではありませんが、

頑張るのが当たり前になって、そんな自分に疲れている場合、

 

自分に「頑張らなくていいよ」と言ってあげてほしいです。

自分の心と体が何と言っているかを聞いてあげて

無理していると感じたらそれをやめればいいし、

急ぎ過ぎていれば、ペースダウンすればいい。

自然はバランスを取ろうとしますから、

心と体を無視し続けると、病気や事故にあったりして、

強制終了の時がやってきます。

 

私自身も人生で2度、この強制終了を体験し、

 

それがあったからこその今があります。


それらは気付きや学びを得るために、実は、

 

自ら引き寄せた有り難いプレゼントでもあるのです

どう受け取るのかは、完全に自分次第。

 

 

病気を患っている方々が共通して、

 

自分は頑張り過ぎていたと気付かれた意味は

 

気付いたからこそ自分を変えられる人生変革の時

 

ターニングポイントがやってきたとも受け取られます。


 

頑張り過ぎて病気になる前に

 

心の声、体の声をしっかり聞いてあげてください♡

タグ:RAMA ラーマ ホームページ HP 福岡 薬院 大通 アーユルヴェーダ エステ スクール

Please reload

Featured Posts

7月のスケジュール☆

7/1/2020

1/10
Please reload

Recent Posts