インド・パンチャカルマ(10~12日目)

12/21/2017

出発前とパンチャカルマ後の皮膚炎患部写真

 

ビフォーアフターも一緒にUPしますね

 

 

インドでアーユルヴェーダ浄化療法・パンチャカルマを受けた

 

10~12日目、最後のレポートです

 

 

 

<パンチャカルマ10日目>

 

6:30 起床・チャイ

 

朝起きると咳が出始める。

 

お腹も痛くて、これはヤバい。。。

 

こんな所で肺炎にでもなったら大変なので、

 

なるべく咳をしないように堪えながら過ごす。

 

カファの症状である咳が出ているからなのか?

 

チャイの甘さがやたらと気になり始める。

 

甘さで舌先が痺れるような感覚がある。

 

 

いつもより光を眩しく感じて、右目の奥の痛みが酷く、

 

全体がぼやけて見えにくい、フラフラするなど、

 

これでもかという程の症状が出ている。

 

これはいつか別に書くつもりだけれど、

 

前回インドに来た時に読んだ私のアガスティアの葉に

 

「目が痛くなる」という予言があったのを思い出し、

 

ついに、しかもこんな時に出てきたのかと怖くなる

 

 

8:30 朝食

 

腹痛用の薬を飲ませてもらえた。

 

田端先生はやっと起きてこられる状態にまで回復したが、

 

バスティ・浣腸療法は完全に中止になってしまった。

 

怖くなるくらい目の奥が痛くて仕方ないことを伝えると、

 

目を含め腰痛と頭痛、2人共同じ場所が痛い事が判明。

 

やっぱり絶対同じウィルスだよーーー

 

どこで感染したかね?お寺?農園?と話し合い、

 

多分お寺のお祭りだと結論づけ、

 

これからはずっと毎日マスクで過ごすことを決意。

 

 

健康になるためにインドまでやってきて

 

やっとアーユルヴェーダ治療を受けられたのに

 

病気が全て出てきたようなこの状態は何なんだ~~

 

しかもこの状態でもうすぐフライトだぁ~~

 

10:30 薬をもらって飲む。

 

12:00 カティ・バスティ&ピチュ

 

腰痛が酷いことを伝えて、カティ・バスティをしてもらう流れに。

 

腰に小麦粉を水で練った土手を作り、

 

その中に温めたオイルを入れて温め、

 

10回程オイルをすくっては入れ替えて温めます。

 

痛みはヴァータの症状なので温かいオイルで鎮静するのです。

 

カティ・バスティの後は少し腰痛が和らぎました。

 

お次は首に温めたオイルを含ませた湿布・ピチュをします。

 

体調悪いけど温められて少し幸せ。

 

13:00 ランチ

 

 

14:30 チャイ

 

やっぱりチャイがやたら甘いぞ!!と感じてしまう。

 

砂糖は増えていないので、甘さに敏感になっている。

 

20:00 夕食

 

写真ないけど、小麦系で全く食べられなかったと思います。

 

20:30 就寝

 

 

 

<パンチャカルマ11日目>

 

7:00 起床

 

目の痛み・めまい・腰痛・頭痛・咳は止まっていない。

 

こんなに体調が悪いのはもしや生涯初かもしれないと思う。

 

8:00 朝食・チャイ

 

 

また小麦でもお腹が減り過ぎて半ピースだけ食べました。

 

チャイの甘さに吐き気を覚え始める。

 

12:00 カティ・バスティ&ピチュ

 

施術後は腰痛が楽になります。

 

頭痛は変化なし。

 

13:00 ランチ

 

 

やっとご飯とカレーだったので食べられる。

 

食欲が少しずつ出てきているが小麦は食べたいと思えないのです。

 

私の胃腸が小麦を消化したがらない。

 

やたらと塩気が欲しくてたまらない。

 

明日出発なので施錠されていた冷蔵庫を解放してもらえて、

 

持参した梅干しと味噌汁を飲むと最高に美味しい

 

アーユルヴェーダをやっていても私たちは日本人だし、

 

慣れたものを食べるのが健康に一番良い

 

まして、病気の時はおかゆしか食べられない

 

16:00 チャイ

 

チャイの甘さが許容範囲を超えてもう飲めない。

 

明日からはブラックティーを出してほしいとお願いする。

 

20:00 夕食

 

 

レモンライスとスープで食べられた。

 

シャワー浴びて寝るも、お祭りの爆竹などの騒音で眠れず。

 

頭痛も酷く、咳も出るし。

 

 

下剤飲んだ後では初めて、眠っている間に患部を掻きむしる。

 

甘い物でカファが増えて痒みが増したと思われる。

 

もうー、やだよーー。

 

 

 

<パンチャカルマ12日目>

 

7:00 起床

 

この付近が停電しておりシャワーも浴びれず、

 

暗い室内では書き物などの作業はできず。

 

チャイはブラックの紅茶にしてもらう。

 

チャイ用の茶葉だから?何故かまずい。

 

でも今は甘いチャイがどうしても飲めない。

 

持参した乳酸菌サプリさえ甘く感じて飲めない。

 

8:00 朝食

 

明日はウドゥピを発ちプネーに向かうフライトなので

 

日中はゲホゲホ咳をしながらパッキングをする。

 

こんな状態で移動して大丈夫なのか

 

大丈夫な訳は決してないのだけれど仕方がない。

 

13:00 ランチ

 

 

ランチ後もひたすらパッキング。

 

20:00 夕食

 

 

21:30 就寝

 

 

 

 

今回、ウドゥピでのパンチャカルマ体験はこんな感じで

 

後半は、本当にきつくて、辛い体験になったのですが、

 

手の皮膚炎は出発前の脱ステロイドで酷かった頃(2017.9.14)

 

 

とにかく痒い。雨が降ったり、少しアレルギーがある食品を食べると

 

関節が腫れて激しい、狂いそうなほどの痒みが起こります。

 

今回やっと出た結論、原因は腸内から生じた血液汚染=食べ過ぎです。

 

ビレーチャナ療法で下痢を起こして腸内、血液を浄化します。

 

結果、パンチャカルマ最後の方2017.11.7にはこんなに炎症が引きました↓

 

 

9/14の右手

 

 

11/7パンチャカルマ後の右手

 

 

アーチャリヤ先生に「手が治ってきました!」と見せると、冷静に

 

「ちゃんと結果が出るのは3カ月後だよ。

 

それまでの間は時々掻いて悪化もするだろうけれど、

 

結果は3ヵ月後だから今後も観察を続けなさい。」

 

と言われました。

 

細胞が代謝するには90日かかります。

 

10年以上悩んできたけれど、節制すれば1月には遂に治るのだ

 

パンチャカルマでアトピーを完治させた今長学さん

 

完全に治ったのは3か月後だったと仰っていました。

 

 

 

ウドゥピでのパンチャカルマを終えた翌朝は4:30起床。

 

咳をしながら次の目的地プネーに行くため空港へ向かう。

 

空港でも機内でも寒気にガタガタ震えながら移動。

 

完全に熱がある状態でプネーに到着。

 

田端先生のお友達宅にお邪魔して

 

ベッドをかりて即、震えながら寝落ちするのでした。

タグ:RAMA ラーマ ホームページ HP 福岡 薬院 大通 アーユルヴェーダ エステ スクール

Please reload

Featured Posts

6月のスケジュール☆

5/29/2020

1/10
Please reload

Recent Posts