【5:2ファスティング/ダイエット】

5/24/2016

5:2ファスティングを友人から教えてもらい、

それを継続した結果を聞くことが出来ました!

日本語版の本はまだ出ていないらしいです。
 

 

 

2012年の8月に、イギリスBBCで放映された

「Eat, fast & live longer」というドキュメンタリーは、

ロンドン在住の医師 マイケル・モズレー氏が

「健康を保ち、老化を遅らせ、長生きする方法」

を見つける過程を追った作品です。

 



そのドキュメンタリー動画を観せてもらいましたが、

実際に痩せながら健康になっていくモズレー氏を観察できて

とても興味深いものでした。



動画はありませんが、↓こちらのサイト

マイケル・モズレー式5:2ダイエット

でその概要を知ることが出来ます。



この5:2ダイエットは、

普通に食べる日と、カロリー制限をする日を交互にして

週7日の内の2日だけは、男性が1日600キロカロリー、

女性が500キロカロリーに制限をして、

モズレー医師が3日間の断食で得たのと同等の

効果を得ようという実験です。



俳優の榎木孝明さんは30日間一切食べない不食でしたが、

この方法では、普通の日は好きなものを好きなだけ食べて、

カロリー制限の日を作るというものなので

「ファスティング(断食)」とはいえ、食事ができることから

続けやすいメリットがあるということでした。



モズレー氏は5週間で約6キロ減量し、

ベルトの穴が2つ縮んで、

体脂肪率は27%→19%に減ったそうです。

断食ほど苦しくなく、特別な運動もせず、普段通りの生活に

2日だけファスティング・デイを設けることで、

目に見えて体に良い変化が現れたという結果でした☆



友人のご主人はバセドウ病があり体重は82キロでした。

病気を治したいのと、痩せたいということから、

2012年から1日2食とスムージーを取り入れると、

69キロまで減量するも、その後体重は停滞。

そしてこのドキュメンタリーを観て、

2013年3月から5:2ファスティングを初めると、

1年後には-6キロの63キロで定着。

体脂肪率は28.7%→23.3%になりました。

 



5:2ファスティング出来ない時や、

年末年始の飲み会やご馳走、

海外出張で野菜摂取量が減り、

油や炭水化物満載の食生活になる度に、

体重も比例して増加するのが観察されたそうですが、

インナーマッスルを鍛えるトレーニングを初めると、

一度UPしていた体重65キロ→63キロに落ちたそうです。

そしてなんと、

持病だったバセドウ病が治ったそうです!!!



万病の元となる膨れゆく食欲と体脂肪から逃げる方法は、

食事を減らして、食欲そのものから遠ざかるしかありません。

食欲を減らすには、食事から遠ざかるしかないのです。



例として癌という漢字そのものが示しているように、

時には胃腸をゆっくりと休ませて、

自然治癒力がフルに働けるようにしてあげましょう~♪

 

 

 

タグ:RAMA ラーマ ホームページ HP 福岡 薬院 大通 アーユルヴェーダ エステ スクール

Please reload

Featured Posts

7月のスケジュール☆

7/1/2020

1/10
Please reload

Recent Posts