覚悟と愛と感動と!

秋月養生処(春日助産院)信友智子先生の

ドキュメンタリー映画「産婆」上映会に行ってきました❣

開業助産師として多くのお母さん達の出産を助けてきた

福岡の偉大な産婆さんであり

監督さん曰くロックンローラーな女性です😁👍

写真は左から

映画監督のファウルクス ポール エドワード氏

信友智子先生

信友浩一先生

です。


会場には智子先生が取り上げた子供たちや 助産院や自宅出産で赤ちゃんを産んだお母さん方やご夫婦。 自分の本音と向き合って それに正直に生きているパワフルな人達です。 全ての出産において8割は正常出産だそうです。 女性は生まれながらにして赤ちゃんを産む力が備わっている。 それが自然というものですね。 この映画では

監督が撮影休止~と声をかけて休憩に入った時に 実はコッソリと撮影が続いていて リラックスして本音で語る智子先生や 自宅出産をしたお母さん達の言葉や表情も観ることができます。 この映画に込められた想いがビンビン伝わってきて みんな涙腺崩壊。 本来備わっている自分の力を信じて 自分が思い、言い、行うこと全てに 完全に自分で責任を取る覚悟 その覚悟ができて行動した人だけが味わえる 特別なつながり・絆と感動の体験 覚悟ができた女性を 命がけでサポートする助産師 通常は見られない世界を目撃することになります。 実際の自宅出産の場面も出てきます。 大声を上げて出産の痛みを叫ぶ女性から 噴き出すような凄まじいエネルギーとパワー

それに寄り添う助産師達の 使命に生きる姿勢や生き方 完全に「今」に集中しながら 一生懸命、支えようとするご主人 言葉にならない感動で涙が止まりませんでした。 産婆がいなくなったら 日本じゃなくなる 智子先生の危機感あるこの一言は今の世界をよく表していて 世界で起こっていることは私たちの中でも起こっています。 世界中が自国の良き文化を取り戻す必要がありますし 一人ひとりが本来の自分を取り戻す必要があります。 戦後に西洋文明が日本に入ってきて 物質的には欲しいものが手に入る時代になったのですが それらと引き換えに 私たちは大切なものを失いかけています。 無料で受けられるサービスの代償は大きく 私たちが自分らしく生きる権利は侵害されてきています。 だからこそ 自分の感じる力、本来持っている力を信じること 嫌なものには「嫌だ」とはっきり拒否すること 私は自分を信じて自分らしく生きるのだという決意と覚悟 しっかりと強固な自分軸で生きていくことが絶対必須です。 そうして共感できるみんなでしっかりと手をつないで 各々が自分にできることをして使命を果たしながら 嘘がない本音での付き合いで信頼しあえる人間関係と思いやり 愛に満ち溢れていた日本文化を取り戻していきましょう💗 7/3(日)に秋月養生処でこの映画の上映会があるそうです💡 春日助産院のお知らせページ に上映会の情報がUPされると思いますし 直接連絡を取ってみられると確実だと思います。 世界中の言語に訳されて 沢山の人々に感動と決意が届けられるのを 楽しみにしています🌈🌈🌈

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square