死にかけた話&応急処置のシェア。

先日、友人とBARに行ってましたら

巨峰が喉に詰まって死ぬかと思いました。

食べ物が詰まると短時間でこんな風になるので

周りの人がすぐに気付いて助けないと

窒息して死んでしまいます。


私の場合、

巨峰を口に入れて前歯でその皮を剥こうとすると

ヒュッ!と巨峰が喉の奥に飛び込んで、

そのまま丸ごと飲み込んでしまい

首の真ん中辺りで止まって動かなくなりました。

ビックリした私は咄嗟に息を吸ってみると

か細くではあるものの吸えたので、

友人に向かって「呼吸はできる」と呟きました。

友人は突然何の事?と思ったでしょうね。

友人もバーテンダーさんも私が危機的状況だと思わなかったらしく

何を突然立ち上がったのだろうと思って見ていたそうです。


巨峰は首の真ん中辺から全く動かなくなっていて

喉を触ると丸くポッコリ出ていて痛くて、

声も出しにくい状態でした。

私は以前介護の仕事をしていたので

頭には下の動画の2つの方法が出てたのですが

ちゃんと声が出せないしすぐに説明できない。

自分でやろうにもできない。

背中の代わりに胸を叩き続けたけどどうにもならないので

「どうしたらいい?」と2人に向かって呟くと

「え?どうした?声出してみたら?」と言われて

下向きになって、吐き出そう、大声を出そうと、

チャレンジし続けていたら

食道の筋肉が開いたんでしょうか

詰まっていた巨峰が胃の方に流れていきました。


プリップリの巨峰は美味しくて大好きなのですが

口の中で皮を剥いた途端に喉の奥まで飛び出して

丸飲みした事が過去2.3回あり、

今回はいよいよ死にかけました。

日常に潜む危機。

恐るべし巨峰。

ピッタの葡萄好きさんはご注意下さい🍇

食道と気管はとても近くて、

交差している箇所は魔の十字路と呼ばれているそうです。

私は咄嗟にここをグッと締めていたようなので、

呼吸もしにくく、声も出しずらく、

巨峰も流れて行かなかったのでしょう。

肺の方に落ちて行かなくて本当に良かったです。

初めて行ったお店だったので、

トイレだと思った場所がトイレじゃなくて

思うように動けなかったのもなかなか取れなかった原因です。

もし周りに誰もいない時に詰まった場合は

口に指を突っ込んで吐くように、

おえぇ〜〜って大声出そうとしながら吐くのが良さそうな気がします。

他の物も一緒に出るでしょうけど、確実に出せそう。


肺の方に落ちたら誰かに助けてもらうしかないです。

特に子供や高齢者は喉に食べ物を詰まらせて

窒息死する事が珍しくないようですし

お正月はお餅を詰まらせる人も多いですから

これも何かのサインとみて

皆様にも応急処置をシェアしとこうと思いました💡

こんなん学校で教えた方が良い位です。

食事をする場所で急に倒れたり

喉を押さえてパニックになっている人がいたら

この動画のように対処して

命を助けてあげて下さいませ(^^)/


 

RAMA9月のお休み

20(火)はお休みです。 9月のスケジュールはこちらです。

RAMAの個人セッション

●怒りや悲しみ等の感情を手放す ●恐れを手放す ●自分を愛せるようになる ●ブレない自分軸で生きる ●生まれ持った使命を思い出す ●潜在意識にある 思い込み や 決めつけ 等を書き換える etc... 新時代を自分らしく生きるために、心や人生を安定させるお手伝いをさせて頂く個人セッションでは、それぞれの方に合ったセッションを対面orオンラインで行います 個人セッション詳細はこちらから

★ シローダーラ・モニター募集 ★

限定!シローダーラ・モニターさんを募集しております 限定  シローダーラ・モニター 60分 5,980円 (牛乳を使うクシーラ・ダーラです。) 施術前後の心理テスト、ご感想投稿にご協力頂ける方は是非ご協力下さいませ シローダーラについての詳細はこちらからどうぞ。

★ AMAJ ★

九州に1人しかいないアーユルヴェーダ医師 田端瞳先生代表 AMAJ(アーユルヴェーダ・メディカル・アソシエイツ・ジャパン)として 田端先生と一緒にアーユルヴェーダを広める活動をしています 基礎理論3期は2022/1月から開催中で途中参加も可能です ◆ホームページ http://amaj.jp/ ◆AMAJアーユルヴェーダスクール https://amaj.jp/school ◆Facebookページ https://www.facebook.com/ayurvedamedical/

全メニュー 個人セッション・シータヒーリング・アーユルヴェーダ体質チェック ブライダルエステ アーユルヴェーダ&セラピストスクール  スクールのご感想 セラピスト 施術のご感想 アクセス  ご予約・お問合せ 福岡市中央区薬院4-18-33 三基ビル702 092-522-9572 施術中は出られません。留守電に電話番号とメッセージをお願いいたします ●ホームページ http://www.rama88.com/ ●メール info.rama88@gmail.com ※完全予約制、女性専用、時間応相談、不定休です。

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square