「想い」を素直に伝えていますか?

先日のお客様との会話の中で、 自分ばかりが頑張っていて、周りは誰も手伝ってくれない。 何でやらないの?!と思うけど、誰も気づかないし、やらない。 いつも自分ばっかりがやっていて、腹が立ってきて、 そんなに怒っている自分のことがもう嫌になるんです。 というお話を聞きました。 ふと思って、その方に 周りの人に、手伝ってほしいという気持ちを伝えてますか? と聞いてみると、 あ~。。それは伝えてないです。。。 そ・れ・で!! 「想い」と「言葉」と「行動」、これらを完全に一致させること。 これはと~っても大切なことです。 これらの3つは身口意(しんくい)とも言います。 想いを言葉や行動にするのには勇気がいるし、緊張もするけど、 それをやらなきゃ始まらない、変化も起こりません。 ただ自分の頭の中だけで想っていても 言葉にせず、行動しなければ そう思っていない、その想いがないのと同じことなのです。 「期待する」のは「失望」のはじまりで、 自分以外のことは誰一人のことも思い通りにならないのが現実。 変えることが出来るのは自分のことだけです。 世界を変えたいのならば、まず自分を変えるしかない。 だからこそ、 今まで素直に言えなかった「自分」から 素直に思った通りのことを「言葉」にして、 その言葉を「行動」へと変えていきましょう(^^)/ ドラマの主人公が心の中では大好きな相手に強がって 心にもない「さよなら」を言って、 相手に見えない場所に行って号泣するシーンとかありますよね。 これって、想いと言葉と行動が全く一致していない人で、 あっけなく言うと、苦しみは自分で作ったのです。 主人公の大好きと

頑張らなくていい。

桜は満開、ヒラヒラと散りゆく様が美しくうっとり見入ります。 寒かった冬を越え、いよいよ花咲く春がやってきました♡ 以前、甲状腺癌の方お1人、乳癌の方々2人の 個人カウンセリングをする機会が続きました。 ご本人と一緒に、病気の原因になっていそうな 心の奥のシコリを探していくと、3人に共通点がありました。 涙ながらに気付かれたことは「私は頑張っていた」でした。 小さな頃から頑張り続けて、さらに頑張って、もっと頑張って。 心も体も疲れ果てているのに、まだ頑張ろうとしているのです。 頑張るという字を見ると、頑(かたくな)さを張ると書きます。 頑なさとは、自分の思い込みや主張を変えない頑固さ。 頑が過ぎると「エゴ」が成長し、「エゴ」は自分を苦しめます。 日本ではやっと歩き始めるような幼い頃から、 「頑張って!」「頑張れ~!」と言われる事が多く、 基本的に「頑張っている」方が多いようです。 心と体は密接に繋がっていますから、 心が「頑張ろう!」と意図すると、 体も、筋肉が収縮したりして緊張してきます。 呼吸が浅く早くなり、自律神経の調和が乱れていきます。 すると、自律神経にコントロールされている 内分泌系もバランスを失い、治癒力がうまく働けなくなります。 自律神経が乱れると不眠も起こるため ますます乱れる一方で追い詰められていきます。 筋肉が緊張している部分には、 スムーズに氣や血液、リンパなどが流れないので、 そこに「緊張の塊」のようなものができてきます。 「頑張らない」のは、 努力家な日本人にとってステキな響きではありませんが、

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square

RAMA's  information

 

〒810-0022

福岡市中央区薬院4-18-33三基ビル702

薬院大通り駅 徒歩2分、西鉄薬院駅 徒歩8分

 

Mail : info.rama88@gmail.com

TEL : 092-522-9572 (お客様専用)
 

LINEもございます。

  • Facebook Social Icon
  • Instagram

サロンへの地図

Copyright (C) 2015 RAMA. All Rights Reserved.