インド・パンチャカルマ(10~12日目)

出発前とパンチャカルマ後の皮膚炎患部写真 ビフォーアフターも一緒にUPしますね インドでアーユルヴェーダ浄化療法・パンチャカルマを受けた 10~12日目、最後のレポートです <パンチャカルマ10日目> 6:30 起床・チャイ 朝起きると咳が出始める。 お腹も痛くて、これはヤバい。。。 こんな所で肺炎にでもなったら大変なので、 なるべく咳をしないように堪えながら過ごす。 カファの症状である咳が出ているからなのか? チャイの甘さがやたらと気になり始める。 甘さで舌先が痺れるような感覚がある。 いつもより光を眩しく感じて、右目の奥の痛みが酷く、 全体がぼやけて見えにくい、フラフラするなど、 これでもかという程の症状が出ている。 これはいつか別に書くつもりだけれど、 前回インドに来た時に読んだ私のアガスティアの葉に 「目が痛くなる」という予言があったのを思い出し、 ついに、しかもこんな時に出てきたのかと怖くなる 8:30 朝食 腹痛用の薬を飲ませてもらえた。 田端先生はやっと起きてこられる状態にまで回復したが、 バスティ・浣腸療法は完全に中止になってしまった。 怖くなるくらい目の奥が痛くて仕方ないことを伝えると、 目を含め腰痛と頭痛、2人共同じ場所が痛い事が判明。 やっぱり絶対同じウィルスだよーーー どこで感染したかね?お寺?農園?と話し合い、 多分お寺のお祭りだと結論づけ、 これからはずっと毎日マスクで過ごすことを決意。 健康になるためにインドまでやってきて やっとアーユルヴェーダ治療を受けられたのに 病気が全て出てきたようなこの状態は何なんだ~~ しかもこの状態でもうすぐフライトだ

インド・パンチャカルマ(7~9日目)

先に今週末の少人数ヨーガクラスのお知らせです 12/23(土) 10時~RAMAで少人数ヨーガクラス行います。 100分2000円です。ご都合が合う方はご連絡を 一緒にヨーガやりましょう インドでアーユルヴェーダ浄化療法・パンチャカルマを受けた 7~9日目のレポートです <パンチャカルマ7日目> 4:30 起床・シャワー 5:00 クリシュナ寺へ参拝 6:00 アビヤンガ&発汗 8:00 朝食 9:30 アーチャリヤ先生の農園&別宅へ 田端先生は早朝に浣腸したので外出拒否したものの、 アーチャリヤ先生に、片道1時間半位だから行こう! と言われて一緒に行くことにする。 12:50 現地到着 90分と聞いてたのに180分もかかって到着 なんと先生の農園は山の方とだけ聞いたけど、 お隣のケララ州の山にあったのでした。 そりゃ遠いわ。90分じゃ無理。インド人の時間の感覚って。。。 13:00 ランチ 今日のランチはピクニックスタイル。 朝のビリヤニの残りとかもあり、おかわりしながら食べます。 田端先生は食欲がなく、顔色も良くなくて、 ランチ後の農園見学は私でビデオ録画することに。 先生の農園は傾斜が多いものの、 アーユルヴェーダの薬草や果物を植えたり パンチャカルマ施設を作るには十分な広さがあり、 今後の計画をいろいろ聞かせてもらいました。 山の中なので今の自宅があるウドゥピと違ってとても静かで、 夜には満天の星空が見えるのだよと言っておられました。 戻った頃には、田端先生の顔面蒼白。 15:00 現地出発 途中トイレのためレストランに立ち寄る。 トイレを借りたレストランで食べ

インド・パンチャカルマ(4~6日目)

インドでアーユルヴェーダ浄化療法・パンチャカルマを受けた 4~6日目のレポートです (1~3日目のレポートはこちらから) <パンチャカルマ4日目> 4:30 起床・シャワー 5:00 クリシュナ寺(Sri Krishna Matha Udupi)へお参り 毎朝5時にこのお寺へお参りに行くことにしました。 女性はパンジャビードレスでお尻、スカーフで首を隠します。 お寺の中は早朝から神様に祈る人が沢山いて感動的!! インド人は本当に神様が大好きで、 狭い扉の隙間からプージャ・儀式をしている様子を覗こうと必死で、 皆が中の様子を見られるようにモニターが設置されていました。 そんなのお構いなしに群がるインド人なのですが 神様へのプージャが終わると、 その周りにあるギーのろうそくに皆で火を灯していきます。 ロウソクの火で輝くお寺内はとても美しく幻想的で、 どこか懐かしく、神様や生命への愛おしい感覚に包まれます。 7:00 治療 5分瞑想して神様へ祈りを捧げ、60ccのギーを飲む。 続けて150ccの白湯を少しずつ飲んでから、 部屋の中を10分程歩き回る。 歩きながら時々白湯を一口すする。 60ccのギーも抵抗なかったです。 そもそもギーが好きだからかもしれませんけど。 7:30 ババジへお祈り お祈り後はハーブティーを飲みながらブログを書いたり。 ギーを飲んで3時間後位に、ギー味のゲップが出て、 少し胃がムカムカする感じがある。 13:00 ランチ トレー左下にあるのは、先生宅の庭に成ったパパイヤ。 青いからこんな風にサラダにして食べると美味しい ランチ後は昨日に引き続き、AMAJの打合

12/10 ワークショップ・レポート☆

今日も冷え込んでいますね~ この時期のお客様は体が冷え、乾燥し、不眠気味な方が多いです。 それはヴァータのエネルギーが増大しているから じゃあどうすれば良いのでしょうか? オススメは入浴前のオイルマッサージ 先週末12/10(日)にスタジオ・ヨギー福岡さんで開催された 「実践!アーユルヴェーダとヨーガでリフレッシュ ~オイルマッサージで巡りのいい体へ~」 こちらでオイルマッサージについて&実践をお伝えしてきました アーユルヴェーダフェアも引き続き開催中! さて、オイルマッサージは 冬の季節に増えるヴァータエネルギーを鎮静するだけでなく、 老廃物の排出を促し、若返るとも言われるので やらない手はないのです アーユルヴェーダの話を初めて聴くという方もおられたので、 アーユルヴェーダの歴史や定義、ドーシャについて、 体質別に陥りやすい症状と、 した方が良いことなどを簡単にお伝えして、 皆で一緒にオイルマッサージを実践しました (スタジオヨギーさんからの写真です↓) ごま油をキュアリングして温めて下さったアヤ先生に感謝 オイルを手に取って、頭から始まり、耳、首へと少しずつ 下の方へと全身にオイルを付けてマッサージしていきます。 いつも私と一緒に頑張ってくれている身体を労わりながら、 ありがとうねと愛を込めてオイルを塗ってさすってあげます。 実習の時間が終わると、私も生徒さん方もピンクの頬っぺたで 暑い~~と言いながら、続々とトイレに向かいます ほんの練習時間だけでも代謝が上がって汗が出てくるのです 後半はアヤ先生のヨーガレッスン 腹部・腸に働きかけて、消化力や代謝を上げて、 老廃物

インド・パンチャカルマ(1~3日目)

RAMAのブログにお越し頂き、ありがとうございます インドではWi-Fi環境が悪くてUP出来なかったので 改めてインドのウドゥピで受けたアーユルヴェーダ治療 パンチャカルマについてレポートします ①パンチャカルマ初日 26時間半の移動を経て14:30に到着。 田端先生のインド留学時代のパンチャカルマ講師、 アーチャリヤ先生のご自宅兼施設に滞在。 15時前に遅いランチプレートを頂く。 食欲モリモリで、おかわりする程美味しい! アーチャリヤ先生の問診を受ける。 私は皮膚炎治療のため、 ピッタ浄化のためのビレーチャナ治療を行うと決まる。 なかなか完治しない10年来悩んできた私の皮膚炎の原因は 血液の汚染が原因との診断でした。 どうして血液が汚染したのか?病気は胃腸で発生する 一番の原因は消化力を超えて「食べ過ぎ」だと思われます。 腸内で腐敗した便から出る毒素は、腸壁から血管内に吸収され、 血液に乗って全身に巡り、弱い所に定着し、発症し、慢性化します。 10年以上前からの食生活を猛省 病気は自分で作ったのだぁ~ 18時 アビヤンガ(オイルトリートメント)60分&スウェーダナ(発汗)30分 アビヤンガは摩擦回数が多過ぎる~(1箇所70回も)!と感じました。 アビヤンガも発汗も木のベッドに直接寝るので体が痛くて 日本の柔らかいベッドだったらいいのになぁ~と思う。 ※施術後のシャワーは禁止されたため汗を拭きとるのみ。 これもあまり気持ち良い感じはしませんでした。 20時 キチュリとスープの夕食 撮り忘れたけど3日目とほぼ同じでこんな感じ。 22時 就寝 ②パンチャカルマ

神戸の旅レポート♪

ピラミッドがある神戸に行った日は、 丁度、10月の巨大台風直撃当日だったのですが、 ホテルにいる夜の間に来てそのまま過ぎ去ってくれたため、 神戸観光も楽しめたのでちょっぴりレポート 豚饅頭で有名な老舗「老祥記」の肉まんを頬張ると 中から激ウマな肉汁が出てきて余りの美味しさにビックリ もう一回行きたかったくらいでした。 狭い店内なのに中で働くスタッフ人数の多さにもビックリ この写真の倍くらいの人数がいたんです。 いつもは長蛇の列らしく、大型台風が来るという日で 全然人がいない上に雨だったこの日でも15分位待ちました こちらは一緒に行ったまきちゃんがハマったという観音屋さん 地下のカフェに下りるとデーンと観音様がいらっしゃいます。 こちらの名物、温かいチーズがとろけるデンマークチーズケーキに 以前来た時に一口惚れしてしまったそうで あまりに濃厚なため私は一切れで十分満足。 日曜の店内は満席で、やはりチーズケーキが人気なようでした。 縁結びで有名らしい氷室神社にも行ってきましたヨ その日は小雨が降っていたからか境内は私たちだけでした。 この神社では神様にお手紙を書いてポストに投函するのですが、 手紙を書いている内に、望みが明確になってきて 未来が見えたような気がします 台風が過ぎ去った翌朝はスカッと晴れて、 映画音楽の作曲等も手掛けるピアニスト岡本美沙さん(写真右) のラジオ番組「Love For All Things」に呼んで頂きました 一緒に行ったヨーガ仲間のまきちゃんと一緒に アーユルヴェーダとヨーガのお話いろいろさせて頂きました おしゃべりがとっても楽しくて、2回

日本にピラミッドが!!

インドの詳細レポートもしたいのですが、インド出発直前に、 大阪にお住まいのお客様からのお誘いで 神戸にあるピラミッドに連れて行って頂いたので、こちらを先に 皆さん、日本の真ん中にピラミッドがあるなんてご存じでしたか O様のお手入れ中に、たまたま話の流れで出てきたピラミッド。 そこに入ると5年間で起こることが2か月で起こってしまうそう。 私は聞いてすぐに、そこ行きたい!!と思いました O様ご自身、すっかり忘れておられたのを思い出され、 翌週に行ってみたところあまりにも凄かったので 是非ご一緒に!とお誘い頂いたのです。 そのピラミッドは誰にも見つからないであろう山奥の 個人宅の庭にある高台にひっそりと建てられており、 カンボジアのアンコールワットみたいに 秘められた氣場という感じでした。 そしてナント、私たちが伺った日というのは、 オーナーさん達が生活拠点を移すために旅立つ前日、 この中に入ることが出来る最後の日だったのです。 オーナーの前田さんが建造されたピラミッドは エジプト・ギザにあるピラミッドの10分の1の大きさで 1つ2トン、692個の石が積み上げられているそうです。 結構な高さがあって、予想外に大きくて 中の広さにビックリしました 中には直径30cm程の水晶がご神体として安置されていました。 てっぺんにも水晶がはめ込まれているようで、 そこを通して太陽の光が室内の水晶に届きます。 年に一度、真上から太陽の光が降り注ぐ日は 室内に不思議な緑色の輪っかの影が出来て その写真はとても幻想的なものでした。 管理されている御園さん曰く、 ‟ピラミッドには秘められたパワーが

12/8(金)10時~アーユルヴェーダ入門コース開催☆

RAMAのブログにお越し頂き、ありがとうございます(^^) いつも告知がギリギリになってしまうのですが、 アーユルヴェーダの基礎概念と体質論が学べる講座 RAMAのアーユルヴェーダ入門コースを開催いたします!! このコースは通常2時間×2回 19,800円ですが、 生徒さんが県外からいらっしゃるのもあり、 今回は12/8(金) 10時から 1日で4時間進めることになりました! 同時にギーの作り方も習いたいというご要望もあり、 講座後にギー作り実習も一緒に行うことに(^^)/ アーユルヴェーダの基礎が一気に学べるチャンスです ご興味のある方はご一緒にいかがでしょうか~♡

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square

RAMA's  information

 

〒810-0022

福岡市中央区薬院4-18-33三基ビル702

薬院大通り駅 徒歩2分、西鉄薬院駅 徒歩8分

 

Mail : info.rama88@gmail.com

TEL : 092-522-9572 (お客様専用)
 

LINEもございます。

  • Facebook Social Icon
  • Instagram

サロンへの地図

Copyright (C) 2015 RAMA. All Rights Reserved.